気の向くまま書くブログ

趣味(本、アニメ、ゲーム)などの感想などを気の向くまま書いていきます。
気の向くまま書くブログ TOP  >  スポンサー広告 >  アニメ >  宇宙兄弟 56話「酒の約束」 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宇宙兄弟 56話「酒の約束」 感想

コンペへの作業を開始した六太達E班だったが、技術サポートのピコは、まったく
相談に乗ってくれない。仕方なくネットから図面をDLし、設計を開始していく
E班。それを見たピコは、「図面だけあってもうまくいかない」とつぶやく。
六太達は、昼休みピコの同僚から話を聞くことができた。同僚いわく、ピコは、
かつて宇宙船のパラシュート部門の責任者だった。当時NASAでは、パラシュートの
技術が失われ、図面だけはあったがパラシュートを開くことができない状態だった。
ピコは、その状態からパラシュートを実使用できるまで開発したが、実験で失敗し、
次の宇宙船のパラシュート担当から外されてしまった。その宇宙船には、ピコの親友
のブライアンが乗っていたが、パラシュートが開かず、墜落、ブライアンは死亡した。
ブライアンとピコは、ブライアンが地球に帰還したら酒を飲む約束をしていたが、
ピコは、宇宙船が墜落した日の夜約束のパブに1人で来て酒を飲んだ…。

また、ブライアンが出てきました。どんだけ存在感が強いんだ、ブライアン。
ピコが恐怖心を抑えるため酒を飲んでいるようでしたが、ブライアンのことが
トラウマになったのかもしれませんね。
そして、六太、さすが技術者です。この手のものは、すんなりいくことはないので、
失敗を想定した開発計画を策定するのは、当然のことです。次回予告では、開発で
悪戦苦闘しているのが描かれてましたが、どうなりますか、楽しみなところです。

久々に宇宙兄弟の面白さが感じされた話だった気がします。

宇宙兄弟(21)限定版 (講談社キャラクターズA)
宇宙兄弟 特別総集編 VOL.1 (講談社 Mook)
宇宙兄弟 特別総集編 VOL.2 (講談社 Mook)
宇宙兄弟 特別総集編 VOL.3 (講談社 Mook)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年05月04日 23:29 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ツイッター
Twitterブログパーツ
Twitterブログパーツ 記事を書くとつぶやきます
プロフィール

sgo2013

Author:sgo2013
マンガ、アニメ関連その他もろもろ書いてます。よろしく~♪

コミックラノベランキング
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


amazon家電お買い得
アニメBD&DVDランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。